タイタンFX(titanFX)の口コミ評判

タイタンFX公式サイトトップページ

タイタンFXの口コミ評判

タイタンFX公式サイトトップページ

 

このページでは、海外FX業者「タイタンFX」の口コミ評判について調べた結果や、実際にFBSを利用している方から寄せられた口コミを掲載しています。

「タイタンFXの評判を知りたい」「タイタンFXを利用しようか迷っている」そんな方はぜひ参考にしてみて下さい。  

 

タイタンFX利用者だからこそ分かる×

 

業界最小水準のスプレッドが嬉しい!「日本語のサポートが充実している!」

Titan FXでは、そのような口コミを多く見掛ける事が出来ました。

実際Twitterなどでも、スプレッドの狭さはもちろん、サポートが手厚い事から取引が公平にできるといった声を多く見掛けられている印象です。

そのためTitan FXは、安心して取引出来る業者と言えますが…Titan FXにも×と言える部分は存在します。

海外FXには、初めて取引を行う際、最低入金金額を定めている業者があります。

Titan FXもその1つで、初めて利用する場合の最低入金額はどの口座でも200USD(約2万円)と海外FXが初めての方には少々敷居が高くなっています。

しかし当サイトおすすめのFXgiantsなら、最低入金金額は100USD(約1万円ほど)。

Titan FXと比べ半値になっていますので、より気軽に利用したい方におすすめとなっています。

2万円からの入金なら難しいけれども、1万ほどの入金なら。

そのように思われた方はTitan FXだけでなくFXgiantsの公式サイトも確認した方が、自分に合った海外FX口座を開設していきやすくなるでしょう。

 

FXジャイアンツの公式サイトはこちら

 

 

 

タイタンFXの運営会社

ビルの外観

 

Titan FXは2014年に設立された海外FX業者で、以前は「TI Securities Limited」という会社が運営していましたが、現在では「TaitanFX Limited」に変更しています。

本社はニュージーランドですが、Titan FXでは24時間日本語でのサポートに対応しています。

 そして気になる金融ライセンスですが、Titan FXは日本人向け金融口座のライセンスとしてバヌアツのライセンスを取得しています。

バヌアツの金融ライセンスはあまりメジャーではありませんが、2022年の現段階でも信頼性が向上しつつあるライセンスです。

しかしまだ規制が緩い部分もあり、万が一FX業者が破綻した場合の信託保全も義務付けられていません。

つまり万が一Titan FXが破綻してしまった場合、預け入れた資金が戻ってこない可能性があるということです。

口コミでもその点に不安を抱かれる声が見受けられました。

そのため、海外FXでの取引に不安があり、信託保全を求めている方にTitan FXは不向きと言えるでしょう。

タイタンFXの口座開設方法

クレジットカード

 

Titan FXでは、パソコンでもスマホでも口座を開設することができます。

まずは、公式サイトからメールアドレスとパスワードを入力してユーザー登録します。

その後、基本的な個人情報の入力が完了すると「メールアドレスの確認メール」が届くので、メール内のリンクをクリックしてメールアドレスを承認しましょう。

最後に身分証明書と現住所確認書類を提出したら完了です。

またTitan FXは上でお伝えした従来の口座開設方法に加え、SMS認証による口座開設も日本国内向けに行っています(2022年3月現在)。

口座開設までに必要な時間は最短で5分。

SMS認証による口座開設は身分証明書と現住所確認書類の提出が口座開設後になりますので、よりスピーディーな取引を実現してくれます。

こちらは実際利用されている方の口コミでも話題で、迅速さを理由に口座開設された方もいらっしゃる程でした。

しかし入金手段や入金上限などが付加されてしまいますので、口座開設の方法は後々の事を考えて選ばれる事をおすすめします。

 

【SMS認証による口座開設の条件】

入金可能方法

クレジットカード(初回のみ)、bitwallet、STICPAY

入金金額

100万円まで

出金

不可(出金の際に、本人・住所確認は必須)

タイタンFXの口座の種類

ATM

 

Titan FXで開設できる口座は2種だけと、非常にシンプルです。

そのため直感的に口座を選ぶ事ができ、口コミでも初心者と上級者の垣根が分かりやすいと好評でした。

 

  • スタンダード口座

取引手数料無料は無料。

注文方式には機関投資グレードのSTPスプレッド(※)を採用しています。

(STPスプレッド→注文が一旦ブローカーを経由して、インターネットバンクに流される仕組み)

  • ブレード口座

取引手数料は無料。

注文方式にはECNスプレッド(※)を採用しています。

(ECNスプレッド→注文がブローカーを経由せずに、インターネットバンクに流される仕組み)

 

スタンダード口座は、海外FX初心者の方でも利用しやすい一般的な仕組みになっています。

ブレード口座は後ほど詳しく説明させて頂きますが、スプレッドが狭く、スキャルピング取引(超短期取引)を望む方。

また/EA(自動売買)トレーダー向きの口座になっていますので、自分の利用用途に合った口座を選んでいくようにしましょう。

 

タイタンFXのログイン方法

ログイン画面

 

タイタンFXのクライアントキャビネット(会員ページ)にログインするには、口座開設時に発行された「パスワード 」と、自身で登録した「メールアドレス」でログインすることができます。

パスワードを忘れてしまった場合、公式サイトからパスワードのリセットと再設定も簡単に行えます。

 

タイタンFXの入金方法

入金完了画面

 

Titan FXでは、以下4つの入金方法があります。

 

  • クレジットカード / デビットカード
  • ビットウォレット
  • Sticpay
  • 国内銀行送金 

 

Titan FXは、基本的に入金手数料が無料になっています。

そのため余計なコストを掛けずに、入金の手続きを行う事ができます。

ただ入金方法によっては、最低入金金額と最高入金金額が定められている場合がありますので事前に確認してから手続きすることをおすすめします。

 

                               (引用:TitanFX公式サイト)

またTitan FXは、マネーロンダリングを防ぐため、本人以外の入金が禁止になっているので合わせて注意しておくようにしましょう。

 

タイタンFXの出金方法

積み重ねられたコイン

 

他の海外FX業者と同様、Titan FXでは入金した金額までは、入金した時と同じ方法で出金する必要があります。

ここで気を付けなければいけないのは、クレジットカードで出金するケースです。

クレジットカードでは入金累計額以上のお金を出金する事は出来ません。

つまり得られた利益はまた別の方法で出金する必要があるということ。

もしその手続きが煩雑に感じられてしまうようでしたら、『ビットウォレット』『Sticpay』『国内銀行送金』の入金方法を最初から選ばれると、出金の手間も事前に減らすことが出来ますよ。

全ての方法において出金手数料は無料になっていますので、自分に合った方法で入出金管理をしていくようにしましょう。

また気になる「出金拒否」に関してですが、人気の海外FX業者という事もあり、拒否されたという口コミは見受けられませんでした。

拒否される方は悪質トレーダーと言われる方々なので、出金拒否の問題はほとんどないと言っていいでしょう。

タイタンFXのボーナス

プレゼントを差し出す手

 

スプレッドの狭さなどで還元するため、Titan FXでは基本的に常時ボーナスキャンペーンが行われている訳ではありません。

ただ新規口座開設者向けに時折キャンペーンが開催される事があるので、公式サイトを小まめに確認しておくことをおすすめします。

 

タイタンFXのスプレッド

FXのチャート

 

Titan FXでは、他の海外FX業者と比較してもかなりスプレッドが狭い傾向にあります。

  • スタンダード口座では、平均1.33pips
  • ブレード口座では、平均0.33pips

口コミでも「ボーナスはないけれども、その分スプレッドが狭くて利益が出やすい」など。

Titan FXの特色を理解された上で利用している方が非常に多かったです。

ただ同じスプレッドの狭さで有名なFXgiantsと比べてみると、平均的なスプレッドはFXgiantsの方が僅か差ですが低い事が分かってきました。

その為、少しでも取引コストを抑えたい方は下記の記事も是非参考にしてみてください。

FXgiants(スタンダード口座)

USDJPY(米ドル/日本円)1.31pips

Titan FX(スタンダード口座)

USDJPY(米ドル/日本円)1.33pips

 

 

FXジャイアンツのスプレッドは広い?他社と比較して検証してみた

FXジャイアンツのスプレッドは広い?他社と比較して検証してみた

2020年3月31日

 

タイタンFXのレバレッジ

レバレッジと書かれた木のプレートを持つ手

 

TitanFXでは、スタンダード口座・ブレード口座共にレバレッジ最大500倍となっています。

そして何よりも特徴的なのが、口座残高によるレバレッジ制限が掛からない事になります。

他の有名海外FX業者だと全ての口座の有効証拠金が2万ドル(200万円)を超えると最大レバレッジは200倍に下がるなど一定の制限がどうしても掛かってしまいます。

しかしそういった心配をTitanFXではしなくていいので、安定的な取引を継続的に行いやすくなっています。

一定額以上の資産で大きな勝負に出たい方は、TitanFXがおすすめと言えるでしょう。

 

※500倍レバレッジのメリット解説(為替ルート112円で計算しています)※

【レバレッジが1倍の業者で1ロット(10万通貨)を購入しようとする場合】

購入資金(必要証拠金)を計算する式は【112×10万÷1】となってくるので、約11,200,000円の資金が必要になってきます。

【レバレッジが500倍の業者で1ロット(10万通貨)を購入しようとする場合】

購入資金(必要証拠金)を計算する式は【112×10万÷500】となってくるので、約22,400円の資金が必要になってきます。

購入資金の金額差は歴然です。そのため海外FXは自己資金が少なくても始めやすいと言われています。

 

まとめ

 

以上がスプレッドの狭さやサポートの手厚さに好評がある、TitanFXの紹介になります。

確かに口コミなどを総合してみてみると、最低入金金額や信託性に気になるもありますが、概ね安定的な海外FX取引を行える業者と言えるでしょう。

海外FXが初めての方、海外FXを経験されてきた中級者上級者。

幅広いニーズに答えてくれるTitanFXに少しでも興味を持たれたという場合は、是非新規口座開設をしてスピーディーな取引を体験してみてはいかがでしょうか。

また今回TitanFXの比較対象にさせて頂いたFXgiantsについて気になった方は、下記の公式サイトを確認の上、TitanFXと是非照らし合わせてみてください。

海外FXはハイリターンを望むこともできます。

しかしその反面、リスクも大きくなる傾向にありますので、安心安全の自分に合った業者を選び利用していくようにしましょう。

FXジャイアンツの公式サイトはこちら

 

16 件の口コミ投稿

  • 他のFX業者は結構勧誘の電話が多かったですが、タイタンは全然しつこい勧誘とかもなかったんで比較的使いやすいです。ちゃんとこっちの要望を話せば汲んでもらえるので、良心的な業者だと思います。

  • >住所確認証明書がなんかうまく提出できないときあったんですけどこれって私だけですかね?

    私もです。なぜかエラーになってしまいます。何なんでしょうかね?

  • 約定がとにかく速い。スリッページはあるにせよ、この業者は不利に偏って滑ることはない。某有名業者を使っていたが勝率があまりにも負けに偏るし動きの不自然さを感じて解約し、最近こちらに乗り換えた途端に利益が出ている。サポートの対応が素晴らしい。チャットで即時答えてくれるし丁寧。

  • 口コミを投稿する

    * が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。